降圧薬ガイドライン
血圧を測る人

日本心臓財団が紹介している高血圧治療のガイドラインについてご説明します。

高血圧の分類

日本では現在、高血圧の人は4000万人以上います。高血圧の人は動脈硬化が進行しやすいため、脳卒中や心筋梗塞といった命に関わる病気を発症するリスクが高くなります。
日本では現在、高血圧の人は4000万人以上とも言われており薬による治療を受ける人も多くなりました。
高血圧の分類は、明らかな原因のない本態性高血圧と二次性高血圧の2つに分けられます。
高血圧の大半は本態性高血圧です。
二次性高血圧とは腎臓が悪いとか、特殊なホルモンが腎臓や副腎から分泌されるなどの原因があって血圧が上がります。
二次性高血圧の場合は原因になっている疾患の治療が優先されます。
これ以外の本態性高血圧、すなわち大多数の高血圧の場合は血圧の管理そのものが治療の主体になります。
高血圧の診察では、まずは採血や採尿などの検査でこの二次性高血圧かどうかを見極めます。
その検査と並行して、危険因子、臓器障害、心血管病がないかどうかも調べます。
高血圧が続いていると臓器が傷んでいたり、動脈硬化が進んでいることが多く眼底所見や心電図を調べたり、糖尿病や脂質異常症などの病気がないかも調べ、脳心血管のリスクを判断します。
その上でまず必要なことは生活習慣の修正です。
リスクによってすぐに降圧剤治療を開始するか、しばらく様子を見るか異なります。